SNSで問題になりがちな人間関係の実態とは

ルールを守ってSNSを使おう

危険が多いSNSだと理解する

簡単に記事を投稿できる部分が仇になって、誰かを傷つける発言も簡単にできてしまいます。 意図的にそのような発言をしている人もいますし、何の気なしに発言した言葉によって傷つく人もいます。 自分の発言で誰かが傷つかないか、考えてからSNSに投稿しましょう。

大事な個人情報を守るために

SNSに記事を投稿したことが原因で、個人情報が第三者に知られることがあります。 また自分に近づいてきた人間が悪い人で、個人情報を盗もうと考えている可能性があります。 個人情報が流出しないよう、気をつけて使ってください。 安易に個人情報を教えないことを心がけましょう。

いじめにSNSが悪用される可能性

最近は、小学生や中学生でもSNSを利用しています。 利用している年齢層が低くなれば、それだけトラブルも増えます。 いじめにSNSが使われるケースも見られます。 集団で個人の悪口を言うトラブルが増えているので、SNSの正しい使い方を子供に言い聞かせなければいけません。

誰かを傷つける危険性がある

現代では日本だけでなく、世界中でSNSが使われています。
自分の知らないことを調べたり、他の人とメッセージを送り合ってコミュニケーションを取る時に使えます。
すでにアカウントを作って、日頃から利用している人もいるでしょう。
とても便利ですが、慎重に使わないとトラブルに巻き込まれる可能性があることを忘れないでください。
自分が何気なく言った発言が原因で、誰かを傷つけてしまうかもしれません。

知らない人と関わる時は、特に注意しなければいけません。
個人情報を教えると、悪用されることがあります。
良い人に見えても、実は犯罪に手を染めている悪い人かもしれません。
SNSを使う時は、極力個人情報を教えないように意識してください。
自分は個人情報を教えたつもりが無くても、掲載した写真や、現在このお店にいるという情報を見て住所を突き止める人がいます。
住所を知られると、ストーカーの被害に遭うトラブルも見られるのでSNSに投稿する内容をよく考えてください。

気軽に誰でも記事を投稿できる部分がSNSのメリットですが、何でも投稿して良いわけではありません。
何も影響が出ない内容なのか、投稿する前に見直してください。
ルールを守れば、SNSを有効活用できます。
遠く離れた地域で暮らしている友人とも、簡単に会話ができます。
難しい物や、怖い物だと思って必要以上に敬遠する必要はありません。
子供がSNSを使う時は親子できちんとルールを確認したり、決めたりしてください。