>

危険が多いSNSだと理解する

発言する内容に十分注意して使う

自分の発言で、誰かが傷つくことがあると覚えておきましょう。
自分はその人に向かって言ったつもりはないのに、その人は自分のことを言われていると思って深く傷つきます。
すると人間関係の悪化に繋がるでしょう。
文面だけでは、どのようなニュアンスで行っているのか分からないことが多いです。
冗談で言った言葉を、本気で受け取る人もいます。

誤解を招くような発言は、SNSでしない方が良いでしょう。
平和にSNSを使うためには、誰も傷つけない発言をすることが重要です。
また同じように、他人の発言で自分が傷つくこともあります。
相手も何気なく言った発言かもしれないので、あまり気にしなくて良いと思います。
余裕があれば発言の真意を聞いてください。

変な人に絡まれる恐れがある

SNSを使っていると、いろんな人と出会います。
趣味の合う人とも出会えるので、仲良くなれば楽しい会話ができるでしょう。
しかしSNSを使っているのは、良い人ばかりではありません。
中には、他人に文句を言って憂さ晴らししている人もいます。
そのような人に絡まれたら、下手に反論しないで無視するのが1番良い方法です。

気が済むと、相手はすみやかに去って行くでしょう。
反論すると相手をさらに怒らせて、トラブルを悪化させます。
無視すればすぐにいなくなるので、放っておきましょう。
相手からメッセージが届くたびにうるさいと感じるかもしれませんが、SNSには通知音を消す機能が備わっています。
相手が去るまで、通知をオフにしてください。


この記事をシェアする