>

大事な個人情報を守るために

個人情報を守る方法を考えよう

ほとんどのSNSには、文章と一緒に写真を投稿することができます。
文章だけでは伝えたいことが上手く相手に理解してもらえるか不安なので、写真を投稿する人が多いでしょう。
ですが、顔写真を投稿することは控えてください。
SNS上に顔写真をさらして、トラブルに巻き込まれる事態が増えています。

また自宅近くの風景やお店の写真をSNSに投稿すると、どこの住んでいるのか特定されることがあります。
個人情報を言ったつもりはなくても、写真や投稿した文面から住所が知られると思ってください。
悪い人に個人情報が行き渡ったら、自宅に侵入される危険性があります。
大きな事件にまで発展するかもしれないので、個人情報が洩れない写真を投稿しましょう。

聞かれても答えないことを徹底する

中には、個人情報を聞き出そうとする人がいます。
仲良くなった相手は住所や電話番号を教えるかもしれませんが、相手が本当に信頼できる人でしょうか。
自分と同じぐらいの年齢の同性だと言っていたかもしれませんが、嘘である可能性が高いです。
SNS上では、プロフィールに嘘を書くことができます。

もしかしたら自分より、ずっと年上の異性かもしれません。
個人情報を入手して、犯罪に悪用しようと考えている人だったら非常に危険です。
SNSで知り合った人は、簡単に信用しないでください。
実際に会おうと言われることもありますが、誘いに乗ってはいけません。
自分の身を、傷つけられる場合があります。
SNSを使っている人全てが、信頼できる人ではありません。


この記事をシェアする